• 楽天とJUBF、トップレベルの大学チームが集結する「World University Basketball Series」/東京

楽天とJUBF、トップレベルの大学チームが集結する「World University Basketball Series」を今年8月に東京で開催
大会にはインドネシア、 台湾、 日本、 フィリピンの大学バスケットボールチームが参加し、 国立代々木競技場 第二体育館にて対戦します。

「WUBS」は、 JUBFによる主催で、 楽天でアスリートを支援する事業をグローバルで展開する「Rakuten Sports」が運営協力し開催します。
「Rakuten Sports」は、 プロスポーツチーム、 アスリート、 ブランディング、 権利ホルダーとの共通の価値観に基づくパートナーシップの構築に取り組んでおり、 本大会は、 各国の才能ある選手とバスケットボールコミュニティをエンパワーメントすることを目的としています。
本大会は、 大学チームおよび選手たちに国際舞台でスキルを披露する場を提供します。
楽天とJUBFは、 年に一度大学チームが集まりチャンピオンシップのタイトルをかけて競い合うことで、 大学バスケットボールが新たな高みを目指し、 世界のバスケットボール界をより結束させることを図ります。

第1回目は招待制で開催し、 インドネシアのペリタハラパン大学(UPH)、 台湾の国立政治大学(NCCU)、 日本の東海大学、 フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学が対戦します。
3日間で6試合の総当たり戦を行い、 シリーズチャンピオンを決定します。
本大会は来年以降も、 参加チーム数をさらに増やし、 試合を実施していく予定です。

参加チーム: ペリタハラパン大学(インドネシア)、 国立政治大学(台湾)、 東海大学(日本)、 アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)
競技規則: FIBA競技規則に則る

コメント紹介

JUBFの会長で「World University Basketball Series実行委員会」会長の林 直樹によるコメント

『WUBS』の開催に際し一言ご挨拶を申し上げます。 このたび日本を含むアジアの4大学による国際試合を開催する運びとなりました。 この大会を通じ各国と地域の大学バスケットボールの発展と友好の輪が広がることを希望します。 バスケットボールファミリーの皆様に、 是非会場まできてもらい、 熱い声援を送っていただけますと嬉しいです

株式会社サン・クロレラ代表取締役社長の中山 太氏によるコメント

『WUBS』開催元年にパートナー企業として関わらせていただくことを光栄に思っております。
『WUBS』の開催に向けた事前準備におけるプロセスを見聞きしてきた私としては『WUBS』を開催できるという事実が嬉しいですし、 パートナー企業として『WUBS』の盛り上げに一役買いたいという気持ちでおります。
また今回、 『WUBS』に参戦することが決まっているインドネシア、 台湾、 フィリピンの大学関係者の皆さんと日本でお会い出来る日を楽しみにしております

楽天とJUBFは、 今後も次世代の有望なアスリートを支援し、 世界中のファンにバスケットボールの魅力を発信するとともに、 バスケットボール界の発展に寄与する取り組みを続けてまいります。

「WUBS」参加チームのコメント

ペリタハラパン大学ヘッドコーチ スティーブン・L・メトカーフ氏

パンデミックから抜け出し、 このような機会をいただくことができ、 嬉しく思います。
海外の試合でバスケットボールをプレーし、 ペリタハラパン大学バスケットボールチームとしてだけでなく、 インドネシア最大の大学バスケットボールリーグLiga Mahasiswa(LIMA)のチャンピオンチームとして本大会に参加できるのは大変名誉なことです。
日本、 台湾、 フィリピンの大学チームと対戦することは選手にとって特別な経験であり、 『WUBS』というユニークな大会を代表し、 楽しめるよう願っております。
大学生のための国際的なトーナメントを作っていただき嬉しく思うとともに、 大会に参加される方々の成功を祈っております

国立政治大学ヘッドコーチ 陳祖偉(チェン・ツーウェイ)氏

記念すべき第1回『WUBS』に参加する機会をいただき、 感謝しています。
本大会への参加は、 台湾のバスケットボール界をはじめスポーツや文化の振興に大きく貢献するものと認識しています。
本大会が台湾と日本の大学バスケットボールのレガシーとして、 次の世代にも受け継がれることを期待しています

東海大学男子バスケットボール部SEAGULLSヘッドコーチ 陸川 章氏

この度は、 第1回『WUBS』にご招待いただき、 心より感謝申し上げます。
推薦いただいた全日本大学バスケットボール連盟の名に恥じないよう、 精一杯努力する所存です。
本大会が、 アジアをはじめ世界の大学バスケットボールの発展と友好に寄与することを心から願っております

アテネオ・デ・マニラ大学ヘッドコーチ タブ・ボールドウィン氏

私たちはこの名誉あるイベントにフィリピン代表として選ばれたことを、 非常に誇りに思っています。
日本では素晴らしい組織による質の高い競技が常に行われており、 この大会に出場することで、 今年の『UAAPバスケットボール選手権』に向けた準備の重要な要素にもつながることを確信しています。
国際的な競技を体験するとともに、 日本で文化的な経験をする機会は、 学生アスリートにとってかけがえのないものになると思います

「Rakuten Sports」について

「Rakuten Sports」は、 プロスポーツチーム、 アスリート、 ブランディング、 権利ホルダーとの共通の価値観に基づくパートナーシップの構築に取り組んでいます。

全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)について

全日本大学バスケットボール連盟は、 日本の大学バスケットボールの強化、 普及、 発展を目的とした団体です。
JUBFは、 日本バスケットボール協会、 大学体育協会の会員でもあり、 現在、 男子352チーム、 女子293チームが登録しています。
日本の学生連盟は9つの地区に分かれており、 それぞれの地区の学生連盟が大学バスケットボールを統括しています。

株式会社サン・クロレラについて

サン・クロレラは、 緑藻類の「クロレラ」を主力とした製品を世界各国で展開する健康食品会社です。
クロレラの持つ栄養成分が注目され、 アンチドーピング認証を取得しているサン・クロレラAパウダーを米国プロバスケットボールチームであるBROOKLYN NETSがオフィシャルスーパーフードとして採用したほか、 プロバスケットボールプレーヤーである渡邊 雄太選手も体づくりに摂り入れるなど、 多くのアスリートに活用されています。
また、 若きバスケットボールプレイヤーを育成する「GLOBALLERSプロジェクト」を手掛けるなど、 クロレラを通じて未来ある選手の発掘・育成にも注力しています。

詳細や、最新情報については公式ホームページをご確認ください。

  • 楽天とJUBF、トップレベルの大学チームが集結する「World University Basketball Series」/東京
  • 20220809
  • 一般財団法人全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)
  • 2022年8月11日(木)
  • 総当たり戦(2試合/日、3日間で計6試合)

  • 2,500円〜5,000円(席種による)

  • 国立代々木競技場 第二体育館
  • 東京都渋谷区神南2-1-1
  • 原宿駅より徒歩5分
    渋谷駅より徒歩15分
    明治神宮前より徒歩5分
    代々木公園駅より徒歩10分

  • https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001750.000005889.html
  • -
  • com-wubs@mail.rakuten.com
  • https://wp.tstar.jp/cart/events/36353
期間 2022年8月9日 〜 8月11日
時間

総当たり戦(2試合/日、3日間で計6試合)

会場 国立代々木競技場 第二体育館
住所 東京都渋谷区神南2-1-1
料金

2,500円〜5,000円(席種による)

アクセス

原宿駅より徒歩5分
渋谷駅より徒歩15分
明治神宮前より徒歩5分
代々木公園駅より徒歩10分

URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001750.000005889.html
TEL -
メール com-wubs@mail.rakuten.com
申込方法
主催者 一般財団法人全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)

EVENT 陸上スポーツのイベント