• “絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022」/長野
  • “絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022」/長野
  • “絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022」/長野

「⽩馬岩岳マウンテンリゾート」にて、 2022年5月21日~29日の9日間、 「アルペンアウトドアーズ プレゼンツ『HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022』」を開催いたします。

前回の好評を受けて第2回目となる今回も、 元キマグレン ISEKI氏をプロデューサーに迎え、 標高1,289mの山頂で2日間に渡って個性溢れるアーティストが音を紡ぐ音楽ライブを行います。
さらに、 新緑が美しい季節のなか、 ヨガやランタンナイトなどアウトドアを満喫できるメニューを揃えます。

“絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「 HAKUBAヤッホー!FESTIVAL」

「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL」は、 オールシーズンで大自然を楽しめる「⽩馬岩岳マウンテンリゾート」の標高1,289mの山頂を舞台に、 絶景とともに音楽やヨガ、 ランタンナイト、 ご当地グルメなどが楽しめるアウトドアフェスティバルです。
2020年9月26日~10月4日にかけて初開催し、 白馬の大自然とヒトがつながる体験を提供しました。

第1回のフィナーレを飾った、 元キマグレン ISEKI氏がプロデュースする音楽ライブは、 「スキマスイッチ」「GAKU-MC」「吉田山田」「コレサワ」「ISEKI」をはじめとする錚々たるアーティスト全11組が集い、 2日間を通してリアル会場とオンライン配信で全国に音楽の力を届けました。

コロナ禍での開催となった第1回は、 国および長野県の感染症予防ガイドラインに沿い、 感染症予防対策を講じた上で実施。
客席エリアでのソーシャルディスタンスの確保、 歓声や合唱など大声を出すことの禁止、 検温、 手指の消毒などを徹底し、 来場者のご協力もあり、 開催2週間後においてイベントが起因とされる感染者は確認されませんでした。
第2回目となる今回も、 新型コロナウイルス感染症による状況を見極めつつ、 引き続き感染症予防対策を徹底して運営してまいります。

元キマグレン ISEKI氏がプロデュースする絶景×音楽ライブ

標高1,289mの山頂で2日間に渡って開催する音楽ライブは、 第1回に続き、 元キマグレン ISEKI氏がプロデュース。
光り輝く新緑と澄んだ空気のなか、 各アーティストが想いを乗せて音を紡ぎます。
自然を愛し、 自然と共生する音楽イベントを数多くプロデュースしてきたISEKI氏による、 白馬岩岳の絶景と音楽のコラボレーションにどうぞご期待ください。
出演アーティストおよびチケット販売につきましては、 順次発表いたします。

ISEKI氏プロフィール

1980年10月17日 神奈川県逗子市生まれ、 身長174cm、 A型。
大学時代より本格的に音楽活動をスタートし、 いくつかのバンドで活動。
2005年に幼馴染のKUREIとキマグレン結成。
2008年にユニバーサルシグマよりメジャー・デビュー。
2ndシングル「LIFE」が大ヒットし、 その年の数々の新人賞を受賞、 紅白歌合戦に初出場を果たす。
2012年には初の日本武道館公演を開催。
結成10周年となった2015年夏にキマグレンを解散、 ソロ・アーティストISEKIとして始動した。
現在は、 イベントプロデューサーとしても幅広く活躍している。

白馬の大自然を肌で感じるメニューをライン アップ

昨年、 老若男女問わず誰もが思い思いに過ごせると人気を博した、 山頂での体験メニューを拡充します。
白馬村を一望できる、 芝生の気持ち良い「Iwatake Green Park(岩岳グリーンパーク)」で心と身体を解きほぐすヨガをはじめ、 普段は入ることのできない夜間の山頂から星空へ願いを込めて浮かべるランタンナイトなど多彩なアウトドアイベントを開催し、 楽しみながら白馬の大自然を体感できる機会を創出します。

国産ラムを使用した、 地元で大人気の「深山成吉思汗(ミヤマジンギスカン)」の⿊カレーや白馬豚を使った白馬ハムのソーセージなど、 ご当地グルメのキッチンカーも山頂に集結予定。
絶景や音楽、 山遊び、 食などを通して五感を刺激する9日間です。

「 アルペンアウトドアーズ プレゼンツ 『HAKUBA ヤッホー!FESTIVAL 2022』」開催概要

体験メニュー(予定)

  • 音楽ライブ ※詳細は下記参照
  • ヨガ
  • ランタンナイトなど

岩岳リゾートの SDG sの取り組み

「白馬岩岳マウンテンリゾート」は、 四季豊かな自然の恵みを最大限に活用し、 その素晴らしさをお客様に体験いただく施設です。
今後も多くのお客様にこの大自然の中で遊び、 癒され、 楽しみ続けていただけるよう、 「持続可能な開発目標」(SDGs)に賛同し、 自然環境への負荷を低減しつつ、 より良い環境を作り出していくことに積極的に貢献する「サステナブル・リゾート」の実現に向けた取り組みを進めてまいります。
具体的な取り組みについてはHPをご参照ください。

詳細や、最新情報については公式ホームページをご確認ください。

  • “絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022」/長野
  • “絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022」/長野
  • “絶景”と“音楽”に包まれる山頂フェス「HAKUBAヤッホー!FESTIVAL 2022」/長野
  • : HAKUBA ヤッホー! FESTIVAL 実行委員会
  • : 2022年5月29日(日)
  • : 公式サイトにて順次発表
  • : ・ゴンドラリフト往復:大人2,100円、 子供1,150円(予定) ・その他有料プログラムあり ■音楽ライブ ・開催日時:2022年5月28日(土)・29日(日) ・料金:ブロック指定 8,400円(ゴンドラリフト往復乗車込、 入場時別途ドリンク代必要)/2日間通し券 15,000円(ゴンドラリフト往復乗車込、 入場時別途ドリンク代必要)
  • : ⽩馬岩岳マウンテンリゾート
  • : 長野県北安曇郡白馬村大字北城12056
  • : 長野ICから 所要時間:長野ICより約60分 長野ICで降りた場合、川中島古戦場を越え、下氷砲南信号を左折。長野南バイパス→国道19号→県道長野大町線(31号)=オリンピック道路にて白馬へ。 安曇野ICから 所要時間:安曇野ICより約60分 長野自動車道「安曇野IC」(旧名称豊科IC)で降り、直進。スイス村を越え、重柳交差点を右折。高瀬川沿い堤防道路(通称:北アルプスパノラマ道路)を直進、大町市内以降は国道148号線。(31号)=オリンピック道路にて白馬へ。 糸魚川ICから 所要時間:糸魚川ICより約60分 北陸自動車道「糸魚川IC」で降り、国道148号線に出て左折。山間の国道を南へ。谷間が広がり白馬盆地に出れば、直ぐに岩岳スキー場の看板に従って右折。2分ほどでゲレンデサイドに到着(31号)=オリンピック道路にて白馬へ。
  • : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000068296.html
  • : 0261-72-2474
  • : -
  • : apply_3
  • : https://hakuba-yoo-hoo-festival.com/liveact#ticket
期間 2022年5月21日(土)~29日(日)
時間

公式サイトにて順次発表

会場 ⽩馬岩岳マウンテンリゾート
住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城12056
料金

・ゴンドラリフト往復:大人2,100円、 子供1,150円(予定)
・その他有料プログラムあり

■音楽ライブ
・開催日時:2022年5月28日(土)・29日(日)
・料金:ブロック指定 8,400円(ゴンドラリフト往復乗車込、 入場時別途ドリンク代必要)/2日間通し券 15,000円(ゴンドラリフト往復乗車込、 入場時別途ドリンク代必要)

アクセス

長野ICから
所要時間:長野ICより約60分
長野ICで降りた場合、川中島古戦場を越え、下氷砲南信号を左折。長野南バイパス→国道19号→県道長野大町線(31号)=オリンピック道路にて白馬へ。

安曇野ICから
所要時間:安曇野ICより約60分
長野自動車道「安曇野IC」(旧名称豊科IC)で降り、直進。スイス村を越え、重柳交差点を右折。高瀬川沿い堤防道路(通称:北アルプスパノラマ道路)を直進、大町市内以降は国道148号線。(31号)=オリンピック道路にて白馬へ。

糸魚川ICから
所要時間:糸魚川ICより約60分
北陸自動車道「糸魚川IC」で降り、国道148号線に出て左折。山間の国道を南へ。谷間が広がり白馬盆地に出れば、直ぐに岩岳スキー場の看板に従って右折。2分ほどでゲレンデサイドに到着(31号)=オリンピック道路にて白馬へ。

URL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000068296.html
TEL 0261-72-2474
メール -
申込方法
主催者 HAKUBA ヤッホー! FESTIVAL 実行委員会

EVENT 山のイベント